M42セルフ交換式マウント★RE トプコールレンズをM42へ
M42セルフ交換式マウント★RE トプコールレンズをM42へ
M42セルフ交換式マウント★RE トプコールレンズをM42へ
M42セルフ交換式マウント★RE トプコールレンズをM42へ
M42セルフ交換式マウント★RE トプコールレンズをM42へ
M42セルフ交換式マウント★RE トプコールレンズをM42へ

M42セルフ交換式マウント★RE トプコールレンズをM42へ

15,120
(75point)

↑ ↓

残りあと1個
東京光学(トプコン)製のREトプコールレンズを、ご自身でM42マウントに換えることのできる「セルフ交換式マウント」です(色は黒色のみ)。一つだけ小さな部品を抜き取る作業がありますが、それさえしっかり保管しておけばトプコンのマウントに戻すこともできます。なお、RE GNトプコールについては改造依頼をお受けしていますので、ここでは除外させていただきます。

■マウント交換の手順
マウントに見える4本のネジを抜き取り、トプコンのマウントを上に引き上げるようにして取り外します。このとき、絞りを動かす細長い板状の軸も一緒に引き抜くことになりますが、マウント交換後には不要となりますので心配は無用です。ただし、内部の小さな部品がこぼれ落ちないように注意してください。次にピンセットなどを用いて、絞り指標の真上に乗っている2枚の弓形の部品のうち、上の部品を1枚だけ取り外せばOKです。M42マウントの装着に際しては、マウント裏側に記された矢印と絞り指標を合わせてから乗せます。最後にネジ穴を合わせ、ネジ止めすれば完成です(商品写真下の「複数画像表示」をクリックすると画像でもご覧いただけます)。

■注意点1
35mmF2.8と25mmF3.5は、フルサイズCCD搭載のEOS 5Dにおいて使用に制限があります。35mmは後玉枠が、25mmのほう内臓式フィルターが無限遠近くでミラーと干渉いたしますので、この点はご理解のうえお買い求めください。

■注意点2
マウント交換時、取り外す必要のある部品(上記の弓形部品)以外の部品には触れないようにしてください。特にもう一枚の弓形部品が位置ずれを起こすと、絞りのクリック作動が効かなくなりますのでご注意ください。また、絞りリングを上に引き上げたりすると、中に仕込まれているクリック作動用の小さな玉が飛び出て、紛失させてしまう可能性がありますので、この点にもご注意ください。

■注意点3
M42マウントに交換後、ボディ装着時にはレンズ指標がおおむ真上にくるように設計されています。ただし、M42はねじ込み式ですので、使用するアダプターによっては指標位置が多少ずれる場合もあります。

■スペック
材質:アルミニウム、表面:ブラックアルマイト加工、重量:9g。